アラフォー母の日々と子育て

関東で暮らし、働くアラフォーです。息子と読んだ本、日々のことを綴ります。

【こども読書】へっちゃらトーマス/パット・ハッチンス

f:id:qnatsu:20210817232048j:plain

 

タイトル:へっちゃらトーマス

文・絵:パット・ハッチンス

訳:小宮由

大日本図書

 

対象:小学校低学年~中学年向け(自分で読むなら)

※私の感覚です。

 

【あらすじ】

トーマス・ミードという字を覚えない男の子(小学校中~高学年くらいだろうか)がいた。

お母さんと先生は「字を覚えなさい」と何度も言うが、トーマスは「関係ないね」が口癖。

街の中には「きけん・ぺんきぬりさぎょうちゅう」「おす・ひく」「うえ・した」「おとこ・おんな」「つうこうきんし」「たちいりきんし」など、様々な文字が・・・。

字の読めないトーマスが街を歩くと、次々に大きなトラブルを起こしてしまう。

トーマスの「関係ないね」という言葉も、警察には通用しなかった!

逮捕され、牢屋に入れられたトーマス。

囚人達がトーマスに字を教えてくれたら、トーマスは・・・。

 

【感想】

息子は、トーマスが「おとこ・おんな」と読めずに女性用トイレに入っていって怒られるところと、トーマスがろうやに入れられるところでウケていたなぁ。

息子は「囚人」という言葉はまだ理解できないだろうし、「囚人=白黒の服を着ている」というイメージすらもっていないだろうから、そのへんはどう思ったんだろう。

日本で服役中の人は白黒の服着てないから、囚人=白黒服、というイメージは、今後も持たなくても良いけど(笑)。

 

先生や親にどんなに「字を覚えなさい」と言われても聞かなかったトーマスが、警察につかまって牢屋に入れられ、囚人に字を教えてもらい字を覚える・・・というのは、なんだか子どもに対する教育について考えさせられるね。

刑罰でしか更生させられない、みたいな。

トーマスに字を教えてくれる囚人が優しくて、読み聞かせながら「えー、やさし」とつぶやいちゃったよ!

 

作者のハッチンスさんは、イギリス出身、ニューヨークで創作活動をしている作家さん。

この本は小学生くらいの子向け(自分で読むなら)だと思うけど、作者のハッチンスさんはもっと小さい子向けの絵本もたくさん描いています。

息子は「ティッチ」シリーズもお気に入り。

 

 

読んだのはこの絵本 

 

2歳のとき息子はこちらの「トーマス」が大好きだったな~。

 

同じ作者の「ティッチ」も息子のお気に入り